AGAは若いのになる?

AGAは若いうちからなるのでしょうか?【若年性】 - 薄毛改善MAX

AGAは若いうちからなるのでしょうか?

 

薄毛の原因の中で、最近よく聞くようになってきたのがAGA男性型脱毛症でしょう。

 

年齢とともに可能性が高くなっていくもので、男性に現れやすい薄毛の原因です。

 

しかし、いわゆる若はげと言われるように、若年層で現れてしまう若年性のAGAもありますし、女性であっても起こる可能性はゼロではありません。

 

原因は男性ホルモン

 

思春期を超えた男性に起こりやすいものではありますが、男性ホルモンが主な原因になります。進行性が強く、何もしなければ、薄毛が改善していくことはありません。

 

AGAではない場合は、トップページでご紹介しているような若はげ対策が有効です。
AGAと断定するのが怖いという人で、何かしらやってみたい人は、まずはこちらを確認して見て下さい。

 

トップページで、若はげ対策をご紹介しています。

 

若年性のAGAは、ゆっくりではありますが、どんどん減り続けていくのが最大の特徴でもあるのです。AGAは、男性ホルモンの中でも、DHTと呼ばれる成分が高濃度になっていることがわかっています。これが発毛のサイクルを狂わせて成長させないようにしてしまうため、段々と薄毛が進行してしまうのです。

 

髪の毛も成長できないため、太くなることがありませんから、どの毛も産毛のような状態になってしまいます。

 

産毛でも残っているうちがチャンス

 

ですが、これが最大のチャンスなのです。
髪の毛が産毛であってもあるのであれば、AGAの治療を進めることで改善できる可能性があります。細くても生えているのであれば、太く成長させることができるのです。

 

効果が見込める薬としては、フィナステリドやミノキシジルがありますが、効果が高いがゆえに副作用も存在します。薄毛に効果があるというだけで使用するのは危険性もあるのです。

 

女性には危険な場合もありますし、服用の上限もありますので、専門医の指導の下で使用を考えていくべき対処方法になるのです。